生活スタイルを見直して骨盤矯正

注目のキャビテーションは痩身を作り上げる画期的な方法としてその地位を確立しています。
その有効性は科学的にも実証されており、施術前と施術後では大きな身体の変化を実感することが出来るでしょう。 いつもの生活で歪んでしまってきている骨盤は、ライフスタイルを変化させることで必然的に改善させていくことができます。
骨盤矯正に効果がある動作を普段の生活の中で繰り返すことで、少しづつ骨盤を改善していくことができるのです。
骨盤というのは、日常生活の中で自然と徐々に歪みが現れてきてしまうことになります。
もし骨盤の歪みを自覚し始めたら次第に歪みが出てきますので、早目に骨盤矯正を受けましょう。

 

骨盤というのは腹筋を使って支えていますので、腹筋の力が弱体化してしまうことで徐々に骨盤が開いてきてしまうのです。
腹筋を使用するように意識した生活をしたり、腹式呼吸で生活をすることが大切なのです。



生活スタイルを見直して骨盤矯正ブログ:19 2 18

モチベーションが低下している時って
ダンベルなどを最初から50回、100回やろうとすると、
やる前から気が滅入ってやる気が無くなってしまいます。

おいらは連日、
9時にダンベル80回を日課にしているのですが、
最初から「絶対80回やるぞ!」と
意気込んでやっているわけではありません。

「ちょっと9時寝坊しちゃったし、調子も良くないから
 今日は20回くらいしかできないかもしれないけど
 とりあえずやっておこう」

そんな気持ちで初めて、やっているうちに
「まだできるぞ!えーい80回やっちゃえ!」って感じで
連日続けています。

始める時はモチベーションが落ちていて当然です。
そんな時に
無理やり自分を奮い立たせようとするのはエネルギーが要ります。

もちろんやる気満々のエネルギッシュな人は、
それで行動できるんでしょうが、
そうでないおいらのような人は、
連日そんな風にエネルギーたっぷりに行動できるわけではありません。

今まではこんな自分を見て
「だからシェイプアップできないんだ…」
と思っていました。
皆様の中にも、そう思っている人は多いのではないでしょうか?

でも、ちょっとした心の持ち方で変われると思うんです!

「とりあえず5回でも10回でもやってみよう」
という
「とりあえず」の気持ちを大事にして、
回数を減らしてもいいから連日続ける…

連日やれなくて一日休んだ日があったとしても、
「とりあえず」次の日から再開する…

夕方食でも食べ過ぎた日があってもいいから、
次の日は「とりあえず」元のシェイプアップ生活に戻す。

そんな「とりあえず」な気持ちの持ち方が、
おいらのような根性無しの人でも
シェイプアップを続けさせてくれて、
大きな成功につながる原動力になると思っています。