脚やせの為のツボを刺激

女性が永遠に憧れるモノと言えば美容であり、最近では多くの女性が積極的にエステを利用されています。
自分自身でどれだけ努力をしたところで、理想的な体型を目指すのは大変なことであり、エステがオススメなのです。 効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、疲労物質の蓄積が減少しますので、その結果足のむくみを改善させることができるのです。
両手の親指でグっと力を入れて押すようにツボを刺激してあげるようにしましょう。
脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんが、毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しなのです。
体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝がツボを押してあげることで改善されます。

 

ツボを押す部分がセルライトなどといった頑固な脂肪によって固くなってしまっている場合もあることでしょう。
ボールペンの先にガーゼを巻くなどしてツボを押すことで、ピンポイントで指が痛くならずツボを押すことが出来るでしょう。





ゴミ箱についてのサイト
URL:http://www.gomibako-ism.com/
ゴミ箱は当サイトへ


脚やせの為のツボを刺激ブログ:29 7 18

減量のために体操するのは、
自分の好きなタイミングで良いんですよ!

寝る直前に軽く腕立て伏せをしても、
仕事の合間を見つけて、
腕立て伏せしても問題ありません。

逆に
「この時間にこれをやらなければ」と
思ってしまうとこのことがかえって
プレッシャーになってくることがありますから、

時間があいたときに、
「ちょっと肉体を動かそう」
という軽い気持ちでやってみましょう。

そうすれば、日々、体操を続けて行うことに
それほど苦痛は感じないはずです。

ただし、
あまりお勧めできない時間帯もあるんですよね。

まずは、ご飯を食べる前の体操は
極力避けるようにしましょう。

ウエストがすいている時は、
エネルギーそのものが余りありませんから、
エネルギーを消費する体操は、肉体に負担をかけるだけです。

また、ご飯を食べた直後の体操も
よい方法とは思えません。

経験された方はわかると思いますが、
食後スグに体操すると、気持ち悪くなってしまいます。

また、
ウエストがけいれんを起こしたり…
ウエストが痛くなったり…

すると、
「減量のために体操をしよう」
という、せっかくの意欲も、
なかなか長続きはしなくなってしまいます。

健康的な減量の第一の目標は
「体操を生活習慣の中に入れる」ということです。

体操をした時間の長さとか、
激しいかそうでないかということは
あまり気にしないでください。

できるだけ、日々、
しかも長期的に続けることを目標としましょう。

少し体操するだけでいいのです。

習慣づけるということを目標にして、
じっくりと続けることが、減量成功の秘訣なんです。